ペプシガンマ再生 続

30年放置すると、どのようになるか、考えたことがありますか?0歳児が成人を通り越して30歳になるということです。中の冷却水は既に固形化され、ブレーキオイルも固形化され、ゴム類は脂が抜けてポロポロと粉砕します。
とにかくバラす。という作業がメインになります。
画像
画像

ウオーターパイプは完全に腐ってます。
ホースを外すと一緒に腐ったパイプで外れてきました。
聞いた話ですが、錆というものは一番錆びやすい所へ集中するらしくシリンダー周りの唯一の鉄の部分が最初にやられるらしいです。
画像

このようにバラシまくりました。
エンジンは降ろしませんでした。
次回は、オーバーホール作業の内容をお伝えします。

余談、現在はNSRを進めています。
ちょい画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック